寒の戻り

春になって桜が満開になったので、本当に暖かくなったなと 思っていると急に寒くなったりします、

今年の冬は関東でも珍しくドカ雪が降って寒い日が 続いていたのでなおさらそんな感じがします。

この時期に冷え込むといっても、せいぜい10℃を 下回る程度なのですが、すごく寒く感じますね。

2月の頃はもっと気温が低かったのですが、一旦暖かくなると このくらいの気温でもすごく寒く感じるのですね。

冬であれば、温かい鍋物で楽しめるのですが。

三寒四温という言葉がありますが、なんかそんな感じです。 昨年の今頃に、仕事で札幌に行ったのですが その時はとても寒くて軽装で行って凍えていたことを 思い出しました。

ですから、春になったからといって冬の衣服を片付けるのは まだ早いのかもしれません。

主張の時にお金が必要になたら即日カードローンがおすすめ詳しくは⇒すぐにお金がほしい

プロミスってどんなカードローン?

プロミスは、新生銀行が行っているカードローン商品です。

皆さんが間違えやすいカードローン商品なのですが、プロミスは他のキャッシング商品とは全く違った特徴を持っています。

まずプロミスは、新生銀行のカードローンとして提供されているので、総量規制の対象外となっています。
これは他の銀行カードローンとは全く違ったサービスです。
他のカードローンは年収の3分の1までの借り入れに規制されてしまうのですが、プロミスはその限りではありません。
キャッシングを行うといっても、他のカードローンのように消費者金融商品ではないので、銀行系カードローンとしての安心感や信頼感も持ち合わせているのです。 ご利用は⇒キャッシング審査基準※審査の事ならココ!

またプロミスは、他社には無い、非常に優れたカードローンサービスを数多く展開しています。
プロミスでは(200万円まで)30日間の金利は一切不要となっています。
その他にも5万円までの貸し付けであれば、半年間の金利は一切不要です。
このような金利サービスを行っているのは、新生銀行のプロミスだけと言えるでしょう。

その他にもプロミスでは女性会員だけのためのサービスとして「レディースプロミス」というサービスを行っています。
一般的に、カードローンの利用をためらいがちな女性会員に向けて、オペレーターが全て女性という安心のサービスを提供しているのです。
専用フリーダイヤルから申し込みを行うと、最初から最後まで女性のオペレーターが対応してくれるので、いつでも気軽に利用することが出来ます。
また、返済の仕方や借り入れの方法についても、親身になってアドバイスをしてくれるので、非常に便利なサービスと言えるでしょう。

他の銀行カードローンサービスと比べても、プロミスのカードの審査では、柔軟に対応してもらえると評判です。
しかし(審査のハードルは低いものの)しっかりと銀行カードローンの低金利や信頼感を得ることが出来るので、サービス面でも充実したカードローン商品と言えるでしょう。 キャッシングので利用するならこちら⇒お金がない

賢いキャッシングの使い分け

皆さんはショッピングはお好きですか?
ショッピングをする際、万が一お金が足りなくなったら、あなたはどうしますか?

このような場合は「クレジットカード」を使うのか、それともお金を借りる「キャッシングサービス」を利用するのか、
どちらがよりお得な方法だと言えるでしょうか?

誰でも、お財布に必ず1枚は、クレジットカードを入れているでしょう。
一般的にクレジットカードは(ショッピングの際に)簡単に支払いを済ませる、便利なツールとして使われています。
この為、ショッピングに掛かる手数料は、全体的に低めの設定となっています。(2万円借りる
反対に、クレジットカードに付帯するキャッシングサービスのカード金利は、一般に比べて高めの設定となっています。

もし、お金を借りることがメインとなっているのであれば、カードローン専用のキャッシングを利用するようにして下さい。
カードローン専用のキャッシングを利用すれば、より低い金利で、特にお金を借りることが出来るからです。
主に、銀行系カードローンと呼ばれるキャッシングを利用したり、銀行が貸し付けを行うカードローンを利用すると良いでしょう。
こうした低金利のカードローンは、一般的に審査が厳しいとも言われますが、余程のことがない限り、簡単に審査は可決される筈です。

クレジットカードを持っていると、ショッピングは私たちにとって、より身近なものとなります。
しかし、ショッピングの支払いをリボ払いにしたり、キャッシングサービスを利用して必要以上に買い過ぎてしまうと、毎月の支払い額が大きく膨れ上がってしまいます…。
毎月の収入と支出のバランスを見て、必要以上に買わないように気をつけましょう。

カードを持っていると、どうしても必要なサービスで利用してしまいがちです。
しかし使ったサービスや物への支払いは、自分が苦労して稼ぎ、そこから支払わなければいけないので大変です…。
賢くカードを使うようにし、家計のバランスを大切にして下さい。また出産でお金がない時は低金利で利用できるカードローンがおすすめですよ!